都会に住み。週末は田舎で農業・起業をやってみる!

2019年度「お米オーナー制度」現在計画中

週末農業体験ブログ!米作りの大変さを学び・伝える

いっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いっしー
兵庫県の神戸市に住み、週末は同じ兵庫県の田舎、宍粟市の「鮎の住む揖保川源流の繁盛(はんせ)地区」で「減農薬」や「農薬肥料不使用」の美味しいお米「繁盛(はんじょう)米」を作ってます! 地元の方々に「米作りや農業」を教わりながら、楽しくやってます(^^)/。 都会から里山に通い、週末農業しながら、地元の地域活性・田んぼオーナー制度の企画・ドローン空撮・サイト作りをやってます。

週末農業という言葉を聞いたことはありますか?

農業に興味を持ち、これから「本格的な就農」や
「先ずは兼業農家を目指そう」という方におススメなのが、

「週末農業」というライフスタイル。

農業以外の仕事を都会でしながら、週末は「農業」をする!

私、いっしーも2018年の春より「週末農業」で米づくりを始めましたので、

これから「週末農業」を始めたいというあなたに向けて少しでもお役に立てればと思い、
「週末農業米作りブログ」を始めました。

週末農業をするために必要だと思うこと

いざ「週末農業を始めたい!」と思っても「何からしたらよいの?・・・」となるのが、
たぶん「フツー」(笑)

ということで、いっしーが実際に週末農業を始めてみて、
開始するのに「これは必要だ」と感じたことからお伝えしていくぜい。

週末農業で通える場所で農地を探す

先ずは「週末農業」を始めるには「農地」となる「場所」が必要。
しかも、今住んでいる所から通える範囲でないとなかなか厳しい。

実際の週末農業のライフスタイルは、
朝家を出発して農地に到着してからがスタート!(まあ当然だが・・)

なので、行き・帰りの時間を計算して、
1日のうちで「週末農業」の「作業ができる時間」を確保する必要がある。

その為には、移動時間、交通費、渋滞具合を考えながら、
週末に通える場所で農地を探すことが必要となる。

いっしーの今の「週末農業のスケジュール」はこんな感じ。

時刻 やる事 1ポイントアドバイス
7:00 家を出発
9:00 農地に到着 車で、1時間30~2時間くらいなら十分通える!
9:30~

12:00

午前中
週末農業

できる時間!
着替えて・準備して、今日やる事を決めてから作業開始
農家の人は、12時には一旦家に帰ってお昼ごはん!
12:30~

15:00

昼食&休憩&お昼寝 農業は体は疲れる。
汗もびっしょり。
昼食後のシャワーやお昼寝もとても大事
15:00~

17:00

 午後から
週末農業
できる時間!
涼しくなる夕方から、
午後の作業を実施。
日が暮れる前には終了
18:00 休憩と夕食 帰りの運転も考え眠たくならないよう、
夕食&休憩を取ることも大切。
20:00 農地を出発 帰りは疲労があるので小まめに休憩を。
22:00 帰宅 疲れているので帰宅後ぐっすり眠れる(^^)/

いっしーの場合、今の「週末農業」の場所は、実は嫁さんの実家(笑)。
なので、
●お昼ご飯に一旦帰ったり、
●お昼寝やシャワーを浴びる
ことができる。

でも、実はこれって農作業する上でとても大切。

実際に農家の人は「お昼になったら」、いったん各家に帰って、
お昼ご飯を食べてから、また作業することが多い。

都会の仕事では、
あまり時間やお昼を気にせず根詰めて作業しがち・・。

でも、せっかく「週末農業」をしに来ているわけだから、
休む時は休むことで、しっかり体のケアをしていこう!

 

週末農業の2~3日宿泊できる場所を探す

先程、いっしーの週末農業の1日のスケジュールを書いてみた。

週末1日だけで作業して帰ってしまうと結構時間的に限られてしまう。
また、慣れない作業のコツを掴んだところで1日が終了してしまうこともある・・

そんな時におススメなのが、

「近くの宿泊施設」を探しておくことだ。

そうすることで、
●汗かいた後、シャワーを浴びれたり
●特に夏場の暑い日に涼しい所へ戻れる
●次の日も朝早くから作業できる
●帰りの運転を気にせず疲れ切るまで農作業できる!

効率良く週末農業できる環境を探しておくことが重要だ。

作ってみたい作物を決める

週末農業を始めるにあたり、「作ってみたい作物」をあらかじめ決めておくことも重要。

その農地の環境に適した作物や、育てやすい作物、
上手く育てるにはどうしたら良いのか?などを先ず調べておくことも必要だ。

そうは言うものの、あまり難しく考えず、
「自分が美味しく食べたいもの」から気軽にはじめてみることが大事だったりするぞ!

先ずは週末農業体験できるところを探す

週末農業を始めようと思っても、
いきなり自分で農地を確保して作物を作るとなるとなかんかハードルが高い・・

そんな時におススメなのが、

「週末農業体験に参加する」ということ。

●実際に自分で続けられそうか?
●気軽に農業というものを先ず知ってみる
●とっつきやすいことから始めてみる!
ということで「週末農業体験」から始めるのはおススメだ。

農業を教えてくれる人を探す

伝えたい事がある!週末農業での米作りの体験ブログ

さて、今年から始めた「週末農業」での「米作り」。
覚えることは沢山あって、まだまだ見習い中ではありますが、
体験したことをブログでお伝えしていくぜい~。(^^)/

代掻き

代掻きとは、いわは「田んぼ」も準備

 

 

田植え

 

 

チェーン除草

いいいいいいいいいいいい

草刈り・除草

 

肥料やり

何故、いっしーは週末農業で米づくりを始めたのか?

yyyyyyy

関西から近い週末農業を体験できる「田んぼオーナー制度」のご紹介

いいいいいいいいいいいい

この記事を書いている人 - WRITER -
いっしー
兵庫県の神戸市に住み、週末は同じ兵庫県の田舎、宍粟市の「鮎の住む揖保川源流の繁盛(はんせ)地区」で「減農薬」や「農薬肥料不使用」の美味しいお米「繁盛(はんじょう)米」を作ってます! 地元の方々に「米作りや農業」を教わりながら、楽しくやってます(^^)/。 都会から里山に通い、週末農業しながら、地元の地域活性・田んぼオーナー制度の企画・ドローン空撮・サイト作りをやってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 繁盛里山マイスター , 2018 All Rights Reserved.